本棚

『バカとつき合うな』

何かと話題の二人、ホリエモンこと堀江貴文氏とお笑い芸人の西野亮廣氏が様々な「バカ」を紹介していく本書。サクサクと読みやすい本です。 バカといっても本書に出てくるバカは、多くが日本社会ではごく普通の価値観とされていることです。二人はそれらをバカと断じ、つき合うなと言います。二人が交互にバカを語っていますが、堀江氏の項を中心に。 想像力は才能ではなく、情報量だ。 まさにそのとおり。自分が子供の頃なんて […]

『「学力」の経済学』

本書を購入したのは2年前、あるテレビ番組で予備校講師の林修先生が本書を絶賛していたのがきっかけです。上梓から3年も経っていますが、ブログも始めたことですし、ことあるごとに読み返している本書の内容について、備忘録の意味も含め、書き留めておこうと思います。 本書は、子を持つ親なら誰でも直面するであろう悩みや疑問について、様々なデータを元に教育経済学の視点から非常に科学的に説明してくれています。5章の章 […]